:盲導犬の里 富士ハーネス

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。

MENU

トップページ > ニュース > ☆PR犬卒業式☆ カンナ編

公共財団法人日本盲導犬協会

ニュース

☆PR犬卒業式☆ カンナ編

2016年2月19日 ニュース


コハクに続き、卒業したのは『カンナ』です。


ゴールデンレトリーバーとラブラドールレトリーバーの女の子。

PR犬として活動していた期間は、4年6ヶ月でした。


優しい目で見つめてくれているカンナの顔のアップ写真です
(可愛らしい顔立ちのカンナ♪フワフワでしっとりな毛はさわり心地満点☆)


カンナはしっかりしていて、とても頼りになる子でした。


盲導犬ユーザーが新たに誕生すると、そのユーザーが住んでいる地域の

市長を訪問することがあります。

こうした大事な活動においてもカンナは活躍してくれていました。


また、盲導犬を希望する視覚に障がいのある方に、カンナとの歩行を体験

していただくこともありました。


視覚に障がいを持ったことで、不安だったり、孤独だと感じている方たちに

「一歩踏み出す勇気」と「前に進んでいくことの大切さ」をカンナは伝えて

くれたと思います。


盲導犬希望者との体験歩行の様子。館内に障害物が置かれていますが、しっかりと避けて誘導しています
(盲導犬希望者との体験歩行。しっかりと障害物を避けて誘導していますね!)


盲導犬歩行の素晴らしさや温かさを身を持って伝えてくれたカンナに

感謝の気持ちを込めまして・・・


2015年11月1日、カンナのPR犬卒業式を執り行いました。


卒業式会場の横断幕。カンナ 卒業式 PR活動お疲れ様 ありがとうカンナ と書かれています。
(カンナ卒業式の横断幕)


まずは、PR犬として最後のお仕事となるデモンストレーション。

最後までカンナらしく、しっかりとお仕事を見せてくれました!


前から歩いてくる2名の通行人をしっかり避けている様子
(前から歩いてくる通行人をしっかり避けて誘導!)


デモンストレーションが終了後には、PR犬卒業式が行われました。


当日は、カンナのパピーウォーカーも駆け付けて下さり、カンナとの

思い出話を愛情いっぱいにお話いただきました。

カンナは、久し振りにパピーウォーカーと再会出来てとても嬉しそうでした♪


最後にPR犬としてお仕事をしている間、欠かせなかった道具『ハーネス』

を外していきます。

これまで4年6ヶ月、カンナが頑張ってくれた日々を思うと、熱いものが

込み上げます・・・。


こうしてカンナのPR犬卒業式は滞りなく終了。

これまでのカンナの頑張りをねぎらうかのように、会場からあたたかい

拍手が沸き起こりました。


プロのカメラマンにとってもらった写真。椅子に座っている職員の足の下にダウンの体勢。まん丸おめめでカメラを見つめています。
(プロのカメラマンに撮って頂いた写真☆カンナはモデルとしても大活躍!)


カンナ、PR犬のお仕事お疲れ様。

しっかり者のカンナに、私たちは頼りっぱなしだったね。


プロのカメラマンに撮ってもらったカレンダー用写真。ハーネス歩行で横断歩道を渡りきり、歩道に前足を掛けて段差を知らせています。きりりとした表情で、堂々たる姿。遠くを見つめているカンナの表情がとても立派で素敵な写真です。
(キリリとした表情で段差を教えています♪)


しっかりしているけど、甘えん坊なところもあるカンナ。

ご家族にたくさんかわいがってもらって、ゆっくり過ごしてね。


ありがとう、カンナ☆


ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページトップへ

ページ終わり

ページのトップへ戻る