:盲導犬の里 富士ハーネス

読み上げブラウザ用メニュー

メインメニュー

このページの本文へ
以下は通常ブラウザ用のメインメニューです。

MENU

トップページ > ニュース > ☆PR犬卒業式☆ ヴィオ編

公共財団法人日本盲導犬協会

ニュース

☆PR犬卒業式☆ ヴィオ編

2016年3月9日 ニュース


コハク、カンナに続いて卒業したのは『ヴィオ』です。


ヴィオは神奈川訓練センターのPR犬として活躍した後、富士ハーネスへと

活躍の場を変え、合わせて4年10ヶ月活動してくれました。


ヴィオの顔のアップ写真。まん丸おめめでじーっとカメラを見つめる可愛らしい姿です。
(モデル犬としても活躍していたヴィオ☆カメラ目線はお手のもの♪)


類まれなるおっとりとした性格のヴィオ。

動きもゆったりとしていて、争いごとも嫌い。

そんなヴィオに魅了されたファンはたくさんいます☆


ヴィオの存在を通じてたくさんの人の輪が広がり、盲導犬や視覚に障がいの

ある方への理解にもつながりました。


そんなヴィオに感謝の気持ちを込めまして・・・

2015年12月12日、ヴィオのPR犬卒業式を執り行いました。


ヴィオのPR犬卒業式横断幕。PR犬ヴィオ卒業式 PR活動お疲れ様! ありがとうヴィオ と書かれています。紙花は黄色と青。とても鮮やかです。
(横断幕を飾り、ヴィオの卒業式を盛り上げます!)


まずは、ヴィオのPR犬として最後のお仕事となるデモンストレーションが

行われました。


盲導犬のお仕事を紹介している途中、ひと休みしたかったようで、何度も自分のハウスに

戻ろうとするマイペースなヴィオくんに、会場からドッと笑い声が聞こえてきました。


最後までヴィオらしさを忘れていません。


下りの段差を教えています。階段の淵に立ち、下を見つめ、下りの段差があることを確認しています。

目の前にいる人を確認し、ぶつからないようにしっかり避けています。


(ヴィオらしさ満載・・・でもお仕事はきちんと頑張ってくれました!)


こうしてヴィオの最後のデモンストレーションは、無事終了しました。


続けて、ヴィオのPR犬卒業式が行われました。


『男はつらいよ』の曲が流れ、ヴィオは腹巻を身につけて再登場!

寅さんの歌声が流れ始めると、会場は笑い声に包まれ、大いに盛り上がり

ました!


本当は、フーテンの寅さんをイメージした腹巻をさせたかったのですが・・・。

寅さん風の腹巻が見つからず、可愛らしいウサギの絵が描かれている腹巻を

選んでしまったので、なんだかちょっとユニークです。


まずは会場をぐるりを練り歩きながら、ヴィオの得意技(!?)、連続で行う

『お手』を皆様にご披露。

愛らしいその姿に、皆さんの顔がほころび、一生懸命カメラに収めています。


寅さん風!?の腹巻をつけたヴィオが、皆さんの前で一生懸命お手を披露!
(何度でもお手をしてくれます♪)


ご挨拶がてら皆様の前を練り歩いた後は、ヴィオの経歴をご紹介。

続けて職員がヴィオとの思い出を話しました。


次に、ヴィオのパピーウォーカーから子犬の頃の思い出話をしてもらおうと

したその時、お母さんが「ヴィオ!」と名前を呼びました。


その懐かしい声に、子犬の頃、たくさんの愛情を注いで育ててもらった記憶が

一気によみがえったのでしょう!


お母さんのもとへ駆け寄って、飛び跳ねながら全身で喜びを表わしていました♪


良かったね、ヴィオ☆


パピーウォーカーとの久しぶりの再会に、飛び上がって全身で喜びを表現するヴィオ♪
(全身で喜びを表すヴィオ☆本当に嬉しそう♪)


そして、ヴィオのPR犬飼育ボランティアからも一言頂戴しました。

以前、HPでもご紹介しましたが、富士市のお寺で住職をされていらっしゃいます。


お話がとても上手な方で、ヴィオの飼育ボランティアになってからの出来事を

笑いあり、涙ありと語られ、会場にいる皆様も大変引き込まれているようでした。


お父さんからの心温まるお話の最中、ヴィオくんはというと・・・なんと大あくび!

大物ぶりを発揮しています。


飼育ボランティアさんのお話の最中、大あくびのヴィオ
(思いっきり大あくび・・・自由なヴィオくんです)


いよいよ、ヴィオがPR犬として活動している間、欠かせなかったお仕事道具

「ハーネス」を外していきます。


これまで頑張ってくれたヴィオをねぎらう為、飼育ボランティアのお母さんが

手作りで花の首飾りを用意して下さいました!!


ハーネスをゆっくりと外していきます。PR犬を卒業する時に欠かせない儀式でもあります。

飼育ボランティアのお母さんが花の首飾りをヴィオにかけていきます。こちらの首飾りはお母さんの手作り。ポインセチアやベルがついていてクリスマスの雰囲気で素敵です。


(ヴィオにねぎらいの気持ちを込めて大きな拍手が沸き起こりました!)


最後に、映画「ロッキー」のテーマ曲と共に、ヴィオの卒業式に参加して

下さった皆様と共に、アーチを作ってヴィオを見送りました!


職員をはじめ、ボランティア、一般来館者と多くの方がアーチを作ってヴィオを見送ってくれています。途中で出会ったキャリアチェンジ犬ともご挨拶しているヴィオ。
(大勢の方がヴィオの新たな門出を祝い、見送って下さいました!)


ヴィオの卒業式には、富士ハーネスのPR犬を卒業した『インク』と『コハク』も

駆けつけ、見守ってくれていました♪


富士ハーネスの元PR犬たち。手前にインク。
(手前がインク、右手奥がコハクです☆)


ヴィオの人(犬)柄なのか、和やかで温かい雰囲気の中、卒業式を

執り行うことが出来ました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!


山下公園、氷川丸の前にて。
(左が神奈川訓練センターのPR犬だった頃のヴィオ☆)


ヴィオはどっしりと構えていて、どんな人でも受け入れてくれていたね。

器の大きいヴィオに、私たちはいつも救われ癒されてきました。


犬の苦手な視覚に障がいのある方が、ヴィオに触れているうちに苦手意識を

克服していき、盲導犬を持つことを前向きに考えてくれたこともあったね。


ヴィオの存在はとても大きかったよ。


ありがとう、ヴィオ♪


ページの見え方を切り替えるメニュー

ページのトップへ戻る
ページトップへ

ページ終わり

ページのトップへ戻る